CAD関連の資格

CAD利用技術者試験

CAD利用技術者試験は、コンピュータソフトウェア協会が主催するCADオペレータに関する試験で、CADを利用した知識・スキルを明確化し、一定水準に達している受験者に対して評価・認定を行う。1級(建築/機械/トレース)、2級、3次元1級、3次元準1級、3次元2級、基礎と級が分かれている。資格者の就職先は、機械・建築分野のメーカーなど。

CADトレース技能審査

CADトレース技能審査は、図面を日本工業規格(JIS)に基づき、CADソフトを使用して製図する作業を評価する試験で、中央職業能力開発協会が厚生労働省の認定を受け実施している。
機械部門と建築部門の2部門があり、それぞれ等級区分として、上級、中級、初級が設けられており、合格者は等級ごとに上級CADトレース技士、中級CADトレース技士、初級CADトレース技士と呼ばれる。
試験は、実技と学科がある。実技ではCADソフトを使用しての実際の作図能力、学科では製図や機械・建築全般、CADに関する基礎知識が問われる。

建築CAD検定試験

建築CAD検定試験は、1993年に誕生した日本初の建築CADの資格試験で一般社団法人全国建築CAD連盟が実施している。
全国の490校を超える教育機関で導入され、受験者数は団体受験・一般受験と合わせ年間6千名以上で建築系のCAD資格試験のなかでは受験者数・規模ともに、日本では最大級の試験である。
試験は、建築用図面をCADを使って描くだけでなく、建築一般図を作成する、与えられた建築図面をCADシステムを使って正しくトレースするなど、CAD技術のみでなく基礎的な建築の知識も必要となる。

CAD関連の技術を学べる学校はこちら